モビット申し込み

安心の大手消費者金融であるモビット申し込みやアコムなどでお金を借りる方法とは
MENU

モビット申し込み

モビット,申し込み

モビット申し込み方法、モビット申込条件、モビット必要書類、モビットでお金を借りる流れ、モビットでの最速での融資の流れなど、実際に三井住友銀行グループのモビットでお金借りたいと思ったときに役立つ情報を公開しています。

モビット申し込み方法とは

モビットでお金を借りるには、まずは申し込みを行う必要があります。 モビット申込み方法には6種類の方法がありますので、最短で今すぐにお金を借りれる方法で申込みしたい!誰にも知られず申し込みをしたい!深夜や早朝など時間帯を気にせずに気軽に申込みをしたい!など、シーンにそった申し込み方法が選べるので、ご都合の良い方法にてお申し込みください。

選べる申し込み方法

スマートフォンから申込み(スマホから申し込み)
パソコンから申込み
ケータイから申し込み
電話から申し込み
ローン申込機から申込み
郵送で申込み

モビット申込条件とは

モビット,申し込み

モビット申込にあたって基本的に必要書類は本人確認書類1種類となりますが、借入金額によっては収入証明書などの追加書類が必要となります。

本人確認書類

運転免許証(変更事項がある方は裏面のコピーも必要です)
運転免許証をお持ちでない方は、パスポートなどの顔写真がついている証明書が必要です。

収入証明書

源泉徴収票の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し(直近の給与明細書2か月分。賞与支給のある方は夏・冬の年間の賞与額がわかる賞与明細書も必要です)、税額通知書の写しなどの現在の収入を証明する書類のコピーが必要となります。

モビットで最速でお金を借りる流れとは

モビットでお金借りる方法はいくつかありますが、とにかく今すぐにお金を借りたい!と思ったときには、下記の方法が便利です。 インターネットから申し込むことによって必要情報の登録がスムーズに行えますし、入力後にフリーコールに電話をして「今すぐにお金借たい」旨を伝えることで、優先的に審査をしてもらえます。

スマートフォン、ケータイ、パソコンでホームページから申し込み(インターネット申込)
フリーダイヤルへ電話をする
※ネット申込完了画面にフリーダイヤルが表示されます
すぐに審査を開始
電話で審査結果を受けてからその場で会員登録
お金を借りる

審査回答後にすぐにお金を借りるには

審査がとおって会員登録を済ませたら、モビットでお金を借りることになりますが、その際には2つの方法があります。

提携ATMを利用する方法

振込キャッシングを利用する方法

提携ATMでお金を引き出すためにはモビットカードの発行が必要です。 ローン申込機に行ってカードを発行することで、備え付けのATMや提携コンビニATMなどでスムーズにお金を借りれます。 また、振込キャッシングならご自身の口座へ振り込みをしてもらえるので、クレジットカードや家賃・水道光熱費の引き落としなど、口座から支払われるものなどで直接、ご自身の口座にお金を入金したい場合などに便利です。

モビットやアコムで土日にお金を借りる方法をチェック

土日は休日である人も多く、お金が必要になることはよくあることです。 ですが、銀行預金の残高が乏しくなっている時は、困ることも多いかと思います。 銀行系カードローンのモビットやアコムであれば、土日にお金借りることが可能です。 運転免許証やパスポートなどを持参して、自動契約機で必要事項を入力しておくと、審査を受けることができます。 手続きを簡略化したい場合は、パソコンやスマートフォンなどから、インターネットを利用して申込書を申請しておくとスムーズに行うことができます。 審査に通過すると、自動契約機からカードを発行してもらえるので、土日でもカードローンキャッシングでお金を借りることができます。 銀行振込を依頼する場合は、一般的な銀行の場合は翌日振り込みになってしまうので、休日にお金を振り込んでもらうことが出来ません。 最近は、インターネット銀行を利用している方が多いですが、土日でもすぐにお金を振り込んでもらえるので大変便利です。 インターネット銀行の口座を開設しておくと、いざという時にすぐに対応することが出来ます。 モビットやアコムでは、職場や自宅に在籍確認などの電話が入ることがありますが、平日に対応をしていますし、社名を出さずに個人名で掛けてもらえるので安心です。 土日に新規の借り入れをすることが可能ですが、平日にカードローンキャッシングの審査を受けておくと、土日にカードを使って、ATMからお金を借りられます。 モビット・アコムは、大手の消費者金融なので、サービス内容が充実しているので、いざという時は安心です。

住宅ローンでは変動金利を活用していきましょう。

変動金利とはその名前の通り、金利が変動するタイプの借入のことです。 実際に多くの方がこの法則に関わるのは住宅ローンを借り入れするケースが多いのではないでしょうか。 そしてこれらのルールーには5年ルールと25パーセントルールというものがあって、借入する際はこれらを知る事が大切です。 そこで、住宅ローンを例にとって説明していきます。 5年ルールとは、仮に公的金利が上昇しても一切返済額が変わらないというものです。 基本的には、年に2回は見直されますが、この場合は一定のままです。 例えば1000万円を1%で借りる場合、年10万円の利子がかかります。 しかし、10%に上昇しても、金利はそのままになります。 また5年ルールは5年後に見直すのですが、それに対して25%ルールは、いくら上がっても最大でも25%までになっています。 この場合逆に言えば、下がりやすい市場だと感じたらこちらを活用すればいいということです。 これに向いているタイプは、一つは何十年の長期ローンではなく、数年から1 0年等の短期ローンを考えている人や、ある程度の経済の知識があってそうしたリスク管理の得意な人や、変動のチェックを怠らない人がとても向いています。 このように、短期間ならばそれほど市場に大きな動きはないといえます。 ご存知の通り、日本は大変低金利になっていますが、10年後はわかりませんので、変動金利はそのあたりが強みです。 つまり、2つの変動金利にはそれぞれメリットとデメリットがあります。 カードローンキャッシングなどでお金を借りる際には、自分たちの支払い計画と自分の能力を考慮して活用する事が大切です。

メニュー

 

更新履歴
このページの先頭へ